家族葬の参列はどうする?

家族葬の参列はどうする? 画像

通常の葬式と異なる家族葬では、故人が生前お世話になっていた知人や会社の上司などへの配慮も必要となってきます。 しかし、初めて家族葬を執り行う方は、その配慮の仕方に迷う方もいらっしゃるでしょう。 そこで、ここでは家族葬へ参列しない方への配慮の方法をご案内していきます。

弔問者への配慮

家族葬は家族や親族などの身内で執り行うものです。 そのため、遺族の方が訃報を通達する際に「家族葬でお見送りをする」という旨をしっかりと伝える事が重要となります。曖昧な伝え方ですと、弔問する側も「参列してもいいのか?」と迷ってしまいます。香典を辞退する場合は、そのことも訃報と一緒に伝えておくといいでしょう。 また、最近では家族葬を全て済ませた後に、知人や上司など故人が生前お世話になった方々に書状にてその旨を伝えるケースも増えてきています。基本的に、参列する身内の方以外への訃報の通知時期や手段は遺族で相談して決めていきますが、いずれにしても弔問者の混乱を招かない手段をとらなくてはいけません。

伝え方を間違えると思わぬデメリットも

家族葬は身内のみで行なうため、遺族の方も通常の葬儀よりも気を張りすぎることなく執り行うことができます。 しかし、家族葬であることをしっかりと伝えなければ思わぬデメリットを生んでしまう可能性もあるので注意が必要です。 例えば、生前故人にお世話になっていた知人の方が「線香をあげたい」と自宅へ弔問に来るケースがありますが、1人や2人ならばまだしも、10人や20人といったように大勢の方が短期間のうちに弔問されると対応にも困ることとなります。 また、お香典に関しましても、後々お返しを送る際に手間がかかってしまうでしょう。 「家族葬であること」「香典は辞退すること」この2点をはっきりと伝える事が、お互いの配慮となります。

葬儀社の方に相談をしましょう

家族葬でも通常の葬儀の場合でも、葬式を執り行う場合は葬儀社にお願いするケースがほとんどです。 そのため、訃報を通達するタイミングや内容に関しまして不明点がある場合は、気軽に葬儀社のスタッフの方に相談することをおすすめします。

中には後ほど訃報を伝えられショックを受ける方も・・・

家族葬が終了した後にその旨を故人の知人や上司などに伝える場合、時には「直接お別れをしたかった」と非難を受けてしまうケースもあります。 そのようなことにならないよう訃報の通達方法はお互いのためにも、しっかりと様々なケースを考慮した上で考えるようにしましょう。

家族葬が必要な方に

家族葬の内容とは 画像

家族葬の内容とは

葬儀には様々な方法があることをご存知でしょうか?それぞれにルールとマナーがあるため、社会人として知っておかなければ思わぬところで恥をかいてしまう可能性もあります。この記事では、そんな葬儀の方法の一つである『家族葬』についての情報をご案内していきます。家族葬の内容とは

家族葬はどこまで呼ぶ? 画像

家族葬はどこまで呼ぶ?

葬儀にはそれぞれ特徴やルールがあり、参列者を呼ぶ範囲も異なってきます。また、一般的な葬儀と家族葬でも呼ぶ範囲や人数は違ってくるので注意が必要です。この記事では、家族葬の参列の範囲や人数などの情報をご案内していきます。家族葬はどこまで呼ぶ?

家族葬の香典はどうする? 画像

家族葬の香典はどうする?

一般的な葬式と異なる家族葬では、香典に関する情報で不明点がある方も多いのではないでしょうか? そこで、ここでは家族葬の香典の内容や相場、渡すタイミングなどをご案内していきます。家族葬の香典はどうする?

家族葬の相場はどのくらい? 画像

家族葬の相場はどのくらい?

葬式にかかる費用はピンきりですが、内訳や相場を知っておくと万が一の際にも円滑に対処することができます。ここでは、家族葬の費用についてご案内していきます。家族葬の相場はどのくらい?

家族葬の参列はどうする? 画像

家族葬の参列はどうする?

通常の葬式と異なる家族葬では、故人が生前お世話になっていた知人や会社の上司などへの配慮も必要となってきます。しかし、初めて家族葬を執り行う方は、その配慮の仕方に迷う方もいらっしゃるでしょう。 そこで、ここでは家族葬へ参列しない方への配慮の方法をご案内していきます。家族葬の参列はどうする?

スポンサードリンク

葬儀の流れ

病院 画像

病院

危篤とは、いつ息を引き取ってもおかしくない状態のことで、危篤を告げられると頭が真っ白になってしまうかもしれません。けれど、最後のお別れをしっかりと過ごせるようにすることもまた、送り出す人の務めでもあります。病院から危篤を告げられた時に覚えておきたいこと

手続き 画像

手続き

死亡後には膨大な手続きや届出が必要になってきます。手続きによって、期限が決められているものも多数ありますので、葬儀から納骨までに必要となる手続きと、行うべき生活やお金に関する手続きに分けてお伝えします。亡くなった後に早めに行うべき各種手続きのまとめ

安置 画像

安置

臨終の後には、末期の水を含ませ、遺体を清めて、死化粧を施し、故人の愛用していた服を着せるなどして安置します。臨終後の処置は病院などによっても異なりますが、一時間ほどで終わります。その間に遺体の安置先を決め、搬送を依頼します。搬送先は、自宅、葬儀社の斎場、火葬場の霊安室となることが多いですが、病院や高齢者の介護施設によっては、安置できる部屋がある場合もありますので相談されてもよいでしょう。遺体の処置を施した後、遺体の搬送先を決めて安置するまで

葬儀の準備 画像

葬儀の準備

葬儀が決まると、葬儀に向けて様々な準備を行う必要があります。大きく分けて、葬儀社と共に決めていく準備と遺族が必要な準備があります。通夜までに準備しなければならないこと

葬儀と告別式の意味の違い 画像

葬儀と告別式の意味の違い

葬儀と告別式は漠然と同じような意味合いと捉えられている方も多いでしょうが、葬儀は故人を弔う宗教的な面を含む儀式で、告別式は故人に最後の別れを告げる集まりと、本来は明確に区別されてきました。現在、通夜に続いて行われる葬式は、正確には葬儀ならびに告別式であり、葬儀の「葬」と告別式の「式」を合わせた言葉と言えます。葬儀と告別式の意味の違いとその内容について

スポンサードリンク

葬儀費用

家族葬 画像

家族葬

家族葬とは、家族中心で行う葬儀を差し、もちろん家族・親族だけで行うこともできますが、家族に加えて親しい友人等も呼ぶこともできます。一般の葬儀の規模を小さく行うというだけで、多くの場合、通夜式から告別式を経て火葬を行うといった一連の流れは変わりません。家族葬の葬儀費用はこちら

一日葬 画像

一日葬

一般的には告別式と火葬の前日に通夜式を行い、合計二日にわたって葬儀が行われますが、一日葬は、告別式と火葬を一日だけで済ませ、通夜式は行わない葬儀の形式です。一日葬の葬儀費用はこちら

火葬式(直葬) 画像

火葬式(直葬)

一般的な葬儀では、多くの参列者を招いて一日目に通夜式、二日目に告別式と火葬を行いますが、火葬式(直葬)は、ごく限られた親しい親族のみで、火葬場にて火葬だけを行います。火葬式(直葬)の葬儀費用はこちら

葬儀費用をもっと読む

供花・お悔み花のご注文 画像 供花・お悔み花のご注文 画像

葬儀関連FAQ情報

初めて喪主になる方へ 画像

初めて喪主になる方へ

悲しみに一番近いところにいる喪主ですが、葬儀を行うにあたって準備することがたくさんあります。悲しみに暮れる間もなく、心痛もはかり知れませんが、個人との心残りのない最後のお別れをするために、準備しておくべきことをご案内します。喪主が行う葬儀の準備を大まかに述べると、葬儀の日程と場所を決め訃報を知らせること、遺影や挨拶といった葬儀内の準備と身の回りや喪服等の準備をすること、そして葬儀やお布施のお金の用意をすることの主に3つです。初めて喪主になる方へ

家族葬の費用 画像

家族葬の費用

家族葬とは、家族中心で行う葬儀を差し、もちろん家族・親族だけで行うこともできますが、家族に加えて親しい友人等も呼ぶこともできます。一般の葬儀の規模を小さく行うというだけで、多くの場合、通夜式から告別式を経て火葬を行うといった一連の流れは変わりません。家族葬の葬儀費用はこちら

香典の金額の書き方は?どこにどのように書いたら良いのか 画像

香典の金額の書き方は?どこにどのように書いたら良いのか

お悔やみごとは、えてして突然に起こるものです。予期することができないために、仕事の関係などでどうしてもお葬式に参列できない、ということがあります。そういったときに、香典だけでも送りたい、と考える人は多いです。しかし、いざ香典を送ろうと思っても、どういった形式で、どのような書き方で送ったらいいのか分からない、ということが起こります。そこで今回は、香典を送る際の決まりごとについて、失敗することがないように解説していきます。香典の金額の書き方は?どこにどのように書いたら良いのか